トビタテ留学JAPAN事後研修にいってきたよ

どうもこんにちは、アメリカに留学していました大野です。トビタテの事後研修にいってきました。参加していた人からは賛否両論あった事後研修ですが、わたしは持ち帰りたい言葉、気づきを沢山もらったので、参加してよかったなと思っています。賛否両論あるのも、トビタテ生らしさ。備忘録もかねて、持ち帰ってきた言葉を紹介します。

年イチ海外 定期的に海外に行こう

海外に出て違う文化や人に触れること、情報を手に入れること、こんなにグローバル化した世界で、変化の激しい時代に生きているので大事なことだと思います。わたしの場合、いつか海外で勉強か仕事をしたいと思っているので、モチベーションを保つ意味でも実践していきたいです。ミートアップやイベント、企業訪問なんかをするような旅の仕方ができればいいなあ。年末はインドに、観光旅行に行くので、インドの文化を体感してきたいです。

20代までに3回留学しよう 3回目は専門性を磨く留学に

次の留学は、専門的な知識や技術を磨く留学にします。20代までと思うと金銭的に大変かもしれないので、32歳くらいまでにかえってこれるように留学したいです。

自分のあり方を決めるのは自分 決断しよう

最近の悩みが、私は「私」というアイデンティティが希薄だということでした。いつも、その場の状況や気分に合わせて物事を選んだり、意見を変えたりしていました。そうしたほうが、楽だし周囲との調和もとれていたんですよね。だけど、それでは「私」というアイデンティティは確立されないんだと教えてもらいました。自分はどうありたいのか、もういい大人なので過去の経験から素敵だと思う価値観を軸に「私」というアイデンティティを固めていきたいです。自分はこうだと主張しつつ、周囲ともうまくやる方法を身につけたいですね。

役割を与えてもらえる人になろう

これは、船橋さんがおっしゃってたことかな。私も完全に同意です。役割を与えてもらうことで、実力以上の力が出る。自分のためにはがんばれなくても、誰かのためならがんばれたりする。立場があれば責任も生まれるし、出来ないっていえない。「役割」は成長のチャンスだと思います。

役割を与えてもらうためには、努力している姿勢をアピールすること、やりたいことを発信すること、成果を示すこと、大事だなあと思います。人はどう考え、感じながら、自分を見ているのか意識すること。自分はどう見られたいのか、相手にどう認識されたいのか戦略的に動くこと。今まで、そういうことはなんだかあざとく計算高い気がして、しないようにしていたけれど、それも認めて役割を与えてもらうためには必要なことだと思うようになりました。

自分で自分を成長させる仕組みを作ろう

これだけ変わりゆく時代、勉強してスキルを身につけ、仕事を変えていかないとおいつかない時代がくるんじゃないかと本に書いてありました。務めている会社の社長も言ってました。周囲に成長させてもらおうという姿勢じゃなくて、目標を決め実力を身につけていくために、時間の使い方を工夫する必要があります。

まとめ

事後研修で学んだことでした。

「インターネットやメディアで社会の課題を解決できる人になりたい」というのは、就職活動をしていた頃から持ち続けている意思です。
今は、一段細かくした目標である「編集の力を使って、社会問題に貢献する」ことが目標です。そして将来、捉える社会の課題をよりグローバルで大きな課題として捉えることができればいいな。

がんばります。