読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記憶を記録に

当たり前のことを、あーだこーだと理由を付けて大事だなあと納得するのが好きな人のブログです。

知らんがな、と心底思う日本で感じる無言のプレッシャーと戦う決意をここに表します。

大人なんだから、SNSに感情を吐露することや、自分にしか関心がないことを露わにするのは恥ずかしいことですよね。分かっていつつも、驚いたので書きます。


過去のツイートを見返して、自分の思考や趣味のゆるふわ具合に気づきました。賢くも論理的でも決してないけれど、"ゆるふわ"でもないと思っていたから、とにかくその事実に驚いた。


ツイートでは、意識して当たり障りないことを言おうとしてたということを鑑みても、一生懸命考えてるような発言も中身のない感想でしかなかった。結局、考えてない"ゆるふわ"だった。おっちょこちょいから発生したミスを、反省する気もなくツイートのネタにしている点で、とにかくマイペースそうな人だなと思った。


私が日常生活、社会生活においてマイペースかどうかは分からない。だけど人生に関しては、マイペースにやってきたから、普通だったら働くべき今、ニューヨークに居るわけで。もうここまでマイペースに生きてきたから、これからもそうやって生きていくんだろうなと思います。


日本には、固定観念とそれを押し付けてくる人が多い。

きっと選択が自分の意見に基づいてなくて、結果的に不本意になってさまったから、他人にも押し付けたくなってしまうんじなないのかなあ。私も従ったんだから、あなたも従いなさいって。知らんがな。


大人は仕事をするべきだ。女性は綺麗であるべきだ。仕事をしてない人はダメな人。結婚できない人は変な人。そうやって固定観念を押し付ける。知らんがな。

『〇〇歳までに結婚して、◯◯歳までに子供を産まないと。』こんなセリフが、たとえ統計的に正しかったとしても。

私は生まれてこのかたマイペースにやってきたんだということに誇りを持って、ゆるっとふわっとプレッシャーをかわしながら、マイペースに人生を実りあるものにしていきたいなと思います。