2016年もとってもお世話になりました。留学よりも大きな出来事について

日本のみなさま、新年、あけましておめでとうございます。昨年の振り返りもままならぬまま、新年を迎えようとしています。タイムズスクエアにも行かず、飲み会にも行かず、お家でゆっくり過ごしています。せっかくなので、ブログを書くことにしました。自分で選んでそうしたのに、なんだかしんみり寂しくなってきちゃったので、来年の目標は、年末をともに過ごす人をみつけることとします!

まずは、2016年の感謝を。

f:id:ayumi_ohno:20170101113835j:plain

心からの感謝を。家族、恋人、友人、トビタテの皆様、バイト先の皆様、内定先の皆様…とにかく、沢山協力をしてもらって、今なんとかニューヨークに居れることに本当に感謝しています。ありがとうございます。大野は今、情報発信の現場でインターンをさせてもらっていて、本当に貴重な体験をさせて貰えています。来年の糧になりそうです。来年どころか、先の人生でもこの経験を心に大切に持ちながら、そこを一つの起点として新しいことにも挑戦していけると思います。ありがとうございます。悔いのないように、残りの期間もがんばります。社会人になるにあたっての抱負は春にでも。大事なことはここまでです!

2016年を振り返った時に、留学以上に書いときたい今年一番の大きな出来事。

私もまだ信じられないのですが、つい先日、祖父が交通事故で亡くなりました。84歳でした。自転車に乗って、買い物に行く途中、青信号で横断歩道を渡っていたら、死角にいたトラックに跳ねられたそうです。

いろんな気持ちが私のなかにあります。まず、信じられない。信じられないから悲しいもなにもなくて。そして最後に祖父に会ったのは、3年前の冬なので、そのことを後悔しています。会えば良かったって。なにより、一番大変な時に家族のそばにいれないことを、家族に対して申し訳なく思っています。ごめんねって。

ありきたりなことなんですが、いつなにがあるか分からないから明日死んでもいいように生きて行くしかないんだなと考えを改める機会になりました。

100%で今を生きるという、心がけをしよう

f:id:ayumi_ohno:20170101115257j:plain

どちらかというと、目の前のことに100%一生懸命集中するっていうよりも、今のことを50%考えながら、未来のことも50%考えてるって感じで生きてきました。その比率を変えてかないと、きっともし万が一のことがあったときにものすごく後悔するでしょう。95%今のことを考えて、5%は未来のこと、くらいでいいのかもしれない。もしかしたら、100%今のことに全力投球できれば自ずと道は開けるものなのかもしれない。正直そんな生き方したことないから怖いのだけど、”自分は今までこうしてきたからこう!”そういう固定観念をとっぱらって、100%で今を生きれる人になりたいです。

そして、もし万が一のことが降り掛かるのは、我が身だけではないことを忘れずに。親孝行したいし、友達と恋人と家族と過ごす時間は大事にしたい。

祖父に約束できるのか。約束するのが怖いけど。約束できるのかじゃなくて、するのかしないのかなんでしょうね。するよ。

f:id:ayumi_ohno:20170101115502j:plain

人の死に、意味なんて見いだすもんじゃないのかもしれないけど。寿命じゃない、こんな亡くなり方だったからこそ、そこから何か学びたい、無駄なものにしたくないという気持ちです。3月には祖母を訪れる予定なので、祖父が大好きだった祖母のためになにか出来ることをしてきたいです。

今年もよろしくおねがします。