記憶を記録に

当たり前のことを、あーだこーだと理由を付けて大事だなあと納得するのが好きな人のブログです。

留学に行く人にも行かない人にも、toco.のヘルパーをおすすめする、私的理由。

ゲストハウスtoco.での1ヶ月間のヘルパー生活を、9月7日に終えました。88代目のヘルパーのあゆみです。
 
結論からして、多くの外国人のゲストに毎日出会う環境は、留学を控えた私にはこの上ない環境でした。
留学に行く人も行かない人も、toco.でのヘルパー生活は人生を面白くしてくれると思うので、おすすめです。私が働いた期間はとても短い期間ですが、学んだことは沢山あったのでこの1ヶ月の総括をお届けします。toco.でのヘルパーってどんな感じなのかな、って考えてる人に届けばいいなと思います。
 

そもそも、toco.でのヘルパーって?

toco.とは、東京の入谷にある古民家を改装したゲストハウスです。ヘルパースタッフは、toco.で働きながら、toco.に住んでいるスタッフのことです。分かりやすくいうと、フリーアコモデーションです。ヘルパースタッフは1日のうち数時間働くことで、家賃・光熱費・食費+ワンダフルな毎日をまかなってもらっています。
私は、8月から留学する予定だったのですが、金銭的な事情で出発が1月短くなってしまいました。なので、留学前に国内でお金をかけずに英語に触れる機会を作りたくて、国内にいながら英語を沢山話せる環境に飛び込みたくて、応募しました。

留学に行く人にも行かない人にも、toco.のヘルパーをおすすめする、私的理由。

①国内に居ながら、英語を使う機会を沢山得られるから。
toco.では毎日、国籍を問わず沢山のゲストさんと出会います。特にバーのシフトの時は、ゲストの方と話せます。会話は基本的に英語です。英語力が伸びるかどうかはその人の努力次第だけど、確実に英語を話す機会はふえます。機会はないより、あったほうが良いです。
「ゲストともっと話したい」「友達になりたい」という欲求は、モチベーションにもなります。
 
②留学に行く前に身につけておきたいマインドが身につけられる。
toco.を運営する会社、バックパッカーズジャパンの経営理念は”あらゆる境界線を超えて人々が集える場所を”です。toco.はその理念を体現する場所でした。
この考え方は、留学する際に(人生においても)大切なマインドだなと思いました。
 
ですが、私はいろんなものにこだわって、コミュニケーションをためらってしまうことが多々ありました。人種だったり、年齢だったり、性別だったり、見た目だったり、いろんなものが自分と違うと、先入観で人を判断し身構えていました。
そういう固定観念や心の境界線が、toco.で働くうちに少しずつ減っていきました。それは、他の先輩のスタッフの方が、壁なくゲストと接する姿を目の当たりにしたからですし、案外話してみたら分かり合えたっていう体験をしたからだったりします。まだまだ、バリアフリーだとは言い切れないけれど、以前よりずっとオープンになりましたし、バリアフリーな心でありたい、そうあろうとする姿勢は身に付きました。
③とにかく最高の古民家ライフが体験できる

 

f:id:ayumi_ohno:20160917014643j:plainf:id:ayumi_ohno:20160917013850j:plain

*1掃除を細かく丁寧にやるから掃除のシフトは大変だけど、昼休みに縁側から見る庭の景色がとにかく最高でした。あったかい日差しが縁側とお庭に降り注ぐ時間が好きでした。
 
私は、どちらかというと、toco.にくる前は都会の喧噪にもまれながら大学に通う忙しい毎日を過ごしていました。そういう中で忘れがちな、3食きちんと食べて、小さな変化を大切に、笑って楽しく過ごすことの大切さに気づかせてもらった気がします。
有給のスタッフさんが作ってくれる、toco.のご飯は最高においしいです。toco.のご飯を食べられるのはヘルパーの特権です。
 

④その他、やってよかったと思う理由。

f:id:ayumi_ohno:20160917013735j:plain

・「ちゃんと考えてやってる?!」宮さんに、閉じた窓が互い違いになっていて怒られたときに言われた言葉です。自分の行動の向こうに相手が居ること、当たり前だけど当たり前のことが出来てない自分に気づかせてもらいました。
 
・ヘルパーは基本的には、1〜3人居るみたいです。私の居た1ヶ月間は私を含めて3人のヘルパーが働いていました。この2人がとにかく最高だったので、とても楽しく1ヶ月を笑顔で過ごすことが出来ました。ありがとう。
同じ、ヘルパーとの出会いも、ゲストとの出会いと同様に、貴重なものになると思います。
 

まとめ

f:id:ayumi_ohno:20160917013800j:plain

*3

とにかく、toco.でのヘルパー生活は最高なので、興味がある人は応募したらいいんじゃないかな。もちろん、ゲストハウスを経営したい人とかにも、おすすめです。
 
色々細々書いたら、きりがないほど素敵な体験をtoco.ではさせてもらいました。お金では図れない価値を沢山もらってしあわせです。
私は、暑さでしんどかったり、自分の至らなさに恥ずかしくなってしまったり、お金がなくて大変だったり、いろいろあったけど、それでもやってよかった。ヘルパーとしてじゃなくで、ゲストとして泊まりに行ったり、バーにふらりと立ち寄っても、もちろんスペシャルな体験が出来ると思います。
 
おすすめです。
ここまで読んでくれた方、ありがとうございます。
toco.の皆様、ゲストのみなさま、スペシャルな1ヶ月間を、ありがとうございました!
 
 

*1:toco.の朝ご飯。米粒の数だけ、しあわせ。

*2:toco.のお庭

*3:ゲストのトビーとtoco.の玄関