トビタテ事前研修に行ってきたよ

トビタテ4期の事前研修に行ってきたよ。東京の学生にはおなじみのオリンピックセンターで、1泊二日の研修でした。「みんな最高だぜ!」ってなんだか感情的に高ぶった後味は全くなく、しっかりと心に残る瞬間をいくつももらって「うん、よかった。」っていう納得感が残っています。いろんな人とむやみやたらに連絡先を交換したりせずに、ひとりひとりどんな人なのか知れるように、結果的になってたからかな。

今回の研修で、いわゆるトビタテ生とは違ったトビタテ生に沢山出会えました。端から見てるとトビタテ生って、いわゆるキラキラした人だと思われてるんじゃないかな。基本的に、リアルで出会ったトビタテ生よりも、SNSなんかでトビタテ生を見ている人の方が多いだろうし。SNSで発信すると、内容云々よりSNSという性質上どうしてもキラキラしがち。研修に行ってみて、しっかり大学で学びながら、自らの世界をどんどん深めている、表にでてこないけタイプも沢山いるってことに気づきました。

 

以下、個人的なこと、外国で意識すること、などなどの学びを共有。

①目標設定を間違えないようにする

今まで具体的な数値を目標にすることが多かったんだけど、それよりも、そのプロセスを一つずつクリアすることを目標にした方がいい。クリアした上で数値が達成できないのは、私がまだその数値に到達できる段階にない、って納得できる。

私は真面目に考えすぎていて、みんなもっと気軽に考えてるらしい。確かに毎回毎回、自分で自分をせめて追いつめて停滞するのは、エネルギーがもったいない。軽やかに失敗を何度も繰り返して、失敗も回転の速度を上げたい。

②スピークアウト 筋トレ留学

海外では、黙っていたら、自分のことは何にも伝わりません!辛くても筋トレのごとく繰り返してたら、いつか、楽になる時が来る。異国で慣れない英語で話すのは辛い、けど、そうしないと自分の居場所は出来ないから。物怖じせずに、失敗を恐れず、何度でもトライすること。

③自分に嘘をつかない。正しくないと思ったことはやらない。

そのまんま。難しいけど、感情に流されそうな時、このことを思い出して、その場に自分の心に周囲の人にとってベストな解を、冷静に実行できるようになりたい。

④発信しよう。

もしかしたら、周囲が助けてくれるかもしれない。

⑥アンテナ貼ってないことは気づけない。

だから、新しいアンテナを取り入れられるように、興味のないことも沢山手を出していきたいです。人は失敗→失敗を認識→内省→行動を改善するというプロセスを繰り返していて、いる。行動を改善するということは、自分のなかにある選択肢(パターン)のうちどれを選ぶのか、ということ。自分のなかのパターンを増やすためにも、沢山失敗をして成功をしたり、沢山の人から話を聞いたりする。パターンが増えると、対処できる失敗も沢山になるって。

⑦内省と言語化が足りてない!

夜はスマホをとじて、1日を振り返る。疑問や感情にちゃんと向き合う。

 

以上。走り書きだけど、学んだこと。

楽しかった研修は、班のみんな、トビタテ生のみんな、事務局の方、支援企業の方、皆様のおかげです。最後になりましたが、心からの感謝を!ありがとうございました!