読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記憶を記録に

当たり前のことを、あーだこーだと理由を付けて大事だなあと納得するのが好きな人のブログです。

読書メモ:ゼロ秒思考はやらないよりはやったほうがいい。

数年前から流行っているらしい、この本。ビジネス書の類は、あまり読んだことがなかったのですが、友人がfacebookでおすすめしていたので読んでみようかなという気になりました。なにより、私も頭をよくしたいし。

ゼロ秒思考  頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

 

 

1時間半くらいでさくっと読めます。ビジネス書っていうよりも自己啓発本のような書き方をしていたので。普段、硬い論文や英語の本ばかり読んでいてとにかく読書に時間がかかっていたので、サクサク読めるのは気持ちがよかった。

内容を一行で言うと、メモをすると頭の中が整理されて、頭の回転も早くなり、心身ともに健康になり仕事の生産性も上がるから、メモしようぜ!ってことでした。シンプルなメモのやり方を、超丁寧に教えてくれます。どんなペンがいいかとかから、書き方まで。あまりにシンプルすぎて、このやり方を伝えるためだけに1000円ってぼったくりじゃんってもおもってしまうくらいシンプル。だけどメモする習慣が身に付けば、1000円は安い買い物だとも思います。

 

「筆者のやり方は数年の経験に基づいて編み出した究極のやり方だから、やり方を変えると効果がないかもしれない」という趣旨の記述があるんです。なんかうまいこと保険をかけているなとも思いました。みんな頭はよくなれるけど、なれないのはやってないか、きっとやり方が違うからだよ、って。まあ私の個人的な曲解ですが。

 

それでも守破離って言葉もあるくらいだし、まずは素直に型にはまって、書いてある通りに実践してみようという気になりました。筆者が言うように、毎日考えていることって実は考えられていない。感情を感じて、なにかを断片的に思うことで、思考が止まっていることが私には多々あるからです。あと、論文を書くときにも役に立ちそうなので、メモのフォーマットを論文メモに応用してみようと思いました。(これこそ、筆者がいう効果を得られない人の一例なのかもですが…)

個人的におすすめしたいのは、就活生。この本では、メモの設問を沢山紹介してくれています。その設問に全部答えてみるだけでも、自己分析になると思う。

頭の良さは思考の深さと早さ、知識と体験の量やそれらを結びつける力が関ってくると思うので、このメモこそが頭を良くする方法だと言われると少し違う。だけど、メモした方が、考える量は確実に増える。頭を良くする、1つの方法ではある。やらないよりは、やってみる方が良い。1日10分だし。それに、感情や思考の整理は、気持ちがいいもんね。

そんな感想を抱いた本でした。とりあえずメモ書きをやって継続してみると、また感想も変わるかもしれませんね。

女子旅で行きたい。チェコで一番かわいいデザイン雑貨が買えるお店papelote

ブログを読んでくれてる人に、おすすめのお店を。しかしこれからチェコに行く人にしか役に立たないというなんともニッチな感じですが…!これを見てチェコに行ってくれれば…!

チェコプラハにある、自信をもっておすめできる紙モノやさんがあったので、紹介します。オシャレな雑貨、デザインが好きな人はきっと好き。旅行中、観光地以外で素敵なものを見つけたいなと思ってる人にも、きっとぴったり。

Made in chezの世界にひとつだけの手帳が買える、papelote 

 

papeloteはチェコの文房具ブランド。紙を単なる書くための紙としてだけでなく、素材として扱いながら、2010年から文房具を作っています。ラインナップはノート、スケッチブック、ブックカバー、フェルトケースなどなど。ポストカードやチェコの折り紙など、様々でした。

 

f:id:ayumi_ohno:20170101121306j:plain

お店の目印はこの赤い看板。この通りは、他にもデザイン雑貨のお店があって歩いてて楽しいです。

f:id:ayumi_ohno:20170102040952j:plain

お店の入り口。お客さんは観光客らしき人が多かったのですが、地元の人で、ふらっと立ち寄る方も居ました。

f:id:ayumi_ohno:20170102040605j:plain

 

私が買った手帳。前日に行った、ミュシャ美術館で買った栞を挟みました。紺色なのと、とにかくシンンプルなのが好み。中身がチェコ語なので使いづらいかと一瞬思ったのですが、手帳のなかの文字は曜日くらいのものなので大丈夫かなと。むしろ手帳を開くとチェコのことを思い出せるので、旅の思い出だと思って気に入っています。

 

 

どこの国にいってもそうなんですが、お土産屋さんで売ってるお土産は、なかなか使えなかったりします。お土産らしくて貰うと嬉しいのですが、マグネットとか、置物とか、小物とか。それに、どこのお店も同じ物を置いてるので、それがちょっと物足りなかったりします。それがお土産ってもんなのかもしれないけれど…

papeloteの文房具は、チェコでしか作られていない、チェコにしかない素敵なお店で買ったものだという背景込みで素敵なお土産になると思います。お土産話も一緒に、お土産を持って行ってあげてください。デザイン雑貨なので、一見するとチェコらしさを感じられないかもしれませんが。

かわいいチェコのポストカードなんかもあったので、一緒に渡すと文脈が伝わりやすいかも。おすすめです。

f:id:ayumi_ohno:20170102042600j:plain

ホームページ、のURLです。チェコに行く際は、ぜひぜひチェックしてみて下さいね。

おまけといってはなんですが、papeloteのちかくの路地裏に隠れ家的な感じでひっそりと可愛いコーヒー屋さんがありました。super tramp coffeeです。路地裏で見つけたときの喜びがすごいので、ぜひ探してみて下さい。

f:id:ayumi_ohno:20170102043134j:plain

https://www.facebook.com/supertrampcoffee.cz/

チェコは、探してみたら沢山素敵なカフェやお店があるみたいです。観光をめいっぱい楽しんで、1日くらいは地元の人が行くようなお店を楽しむのもありなんじゃないかなって思います。楽しんできてくださいね!素敵な出会いになりますように!

2016年もとってもお世話になりました。留学よりも大きな出来事について

日本のみなさま、新年、あけましておめでとうございます。昨年の振り返りもままならぬまま、新年を迎えようとしています。タイムズスクエアにも行かず、飲み会にも行かず、お家でゆっくり過ごしています。せっかくなので、ブログを書くことにしました。自分で選んでそうしたのに、なんだかしんみり寂しくなってきちゃったので、来年の目標は、年末をともに過ごす人をみつけることとします!

まずは、2016年の感謝を。

f:id:ayumi_ohno:20170101113835j:plain

心からの感謝を。家族、恋人、友人、トビタテの皆様、バイト先の皆様、内定先の皆様…とにかく、沢山協力をしてもらって、今なんとかニューヨークに居れることに本当に感謝しています。ありがとうございます。大野は今、情報発信の現場でインターンをさせてもらっていて、本当に貴重な体験をさせて貰えています。来年の糧になりそうです。来年どころか、先の人生でもこの経験を心に大切に持ちながら、そこを一つの起点として新しいことにも挑戦していけると思います。ありがとうございます。悔いのないように、残りの期間もがんばります。社会人になるにあたっての抱負は春にでも。大事なことはここまでです!

2016年を振り返った時に、留学以上に書いときたい今年一番の大きな出来事。

私もまだ信じられないのですが、つい先日、祖父が交通事故で亡くなりました。84歳でした。自転車に乗って、買い物に行く途中、青信号で横断歩道を渡っていたら、死角にいたトラックに跳ねられたそうです。

いろんな気持ちが私のなかにあります。まず、信じられない。信じられないから悲しいもなにもなくて。そして最後に祖父に会ったのは、3年前の冬なので、そのことを後悔しています。会えば良かったって。なにより、一番大変な時に家族のそばにいれないことを、家族に対して申し訳なく思っています。ごめんねって。

ありきたりなことなんですが、いつなにがあるか分からないから明日死んでもいいように生きて行くしかないんだなと考えを改める機会になりました。

100%で今を生きるという、心がけをしよう

f:id:ayumi_ohno:20170101115257j:plain

どちらかというと、目の前のことに100%一生懸命集中するっていうよりも、今のことを50%考えながら、未来のことも50%考えてるって感じで生きてきました。その比率を変えてかないと、きっともし万が一のことがあったときにものすごく後悔するでしょう。95%今のことを考えて、5%は未来のこと、くらいでいいのかもしれない。もしかしたら、100%今のことに全力投球できれば自ずと道は開けるものなのかもしれない。正直そんな生き方したことないから怖いのだけど、”自分は今までこうしてきたからこう!”そういう固定観念をとっぱらって、100%で今を生きれる人になりたいです。

そして、もし万が一のことが降り掛かるのは、我が身だけではないことを忘れずに。親孝行したいし、友達と恋人と家族と過ごす時間は大事にしたい。

祖父に約束できるのか。約束するのが怖いけど。約束できるのかじゃなくて、するのかしないのかなんでしょうね。するよ。

f:id:ayumi_ohno:20170101115502j:plain

人の死に、意味なんて見いだすもんじゃないのかもしれないけど。寿命じゃない、こんな亡くなり方だったからこそ、そこから何か学びたい、無駄なものにしたくないという気持ちです。3月には祖母を訪れる予定なので、祖父が大好きだった祖母のためになにか出来ることをしてきたいです。

今年もよろしくおねがします。

情報生産・発信が出来ないとっても個人的な理由

どうもこんにちは、大野です。ニューヨークに留学して、約三ヶ月経ちました。いよいよ留学も折り返し地点が迫ってきています。新たに、日本のテレビ局の系列の会社でインターンを始めました。テレビ番組を作っている会社です。インターネットでもない、雑誌でもない、今まで触れたことのないメディアと情報製作の現場に、ドキドキワクワク、一生懸命な毎日です。

”ニューヨーク在住ジャーナリスト”という格好良すぎる肩書きに惹かれて、渡航前に読んでいたブログがあります。そんなブログの中の人と、知らぬ間に出会い、お仕事に同行させて頂きました。それは、寒い日のロケでした。予定よりも長くかかってしまった撮影のあと、彼女は私に遅い昼食に誘って下さり、「とにかく、自分でメディアをやってみなよ。」と来年からメディアに関る予定の私にアドバイスをくれました。

 

実はこのアドバイスをくれた人は、彼女だけではありません。とあるシェアハウスにお邪魔したときにそこの住人から、インターンをしていた会社の社長から、尊敬して止まない大学の先生からも、言われていました。

いくらでも個人が自由に情報発信できる環境が整っている時代に、散々言われていたにも関らず、私が自ら情報生産・発信をできなかった理由はなんでしょう。きちんと理由を考えて、解決してから、次に進みたいと思いました。正直に書いてみます。

 

①そもそも、発信したいことが自分のなかになかった。

メディアが好きだ好きだと言い続けながら、自ら発信したいことはなかったんです。誰かに伝えたい意見も、体験も、情報もなかったんです。そのことが恥ずかしかった。なぜなら、意見がないのは考えていないのと同じ。知識・勉強不足がばれるくらいなら、黙っていたいと思っていました。ちっぽけ、だけど、高い高いプライドです。

②情報発信するには、自意識過剰すぎた。

私は、人からどう思われるのかが気になり、人から嫌われることを極端に嫌うタイプです。それならば、人に胸を張れる正しいことだけをしてきたのかと言われると、答えはノーです。その矛盾を自分で受け入れられず、今でも、葛藤しています。しかし、情報は、”誰が言うのか”が説得力に関ってきます。私は、こんな自分が情報発信をしても、「どの口が言う」と批判されるのではないかと、恐れていました。

上記2点が、私が情報生産・発信が出来なかった理由です。

だけど、この2点はもはややらない理由には足らないのです。ネタがなければ、作れば良い。批判は、受け入れて、成長の糧にすれば良い。この2言で片付けられてしまう。実際に片付けられてしまったんです。この週末は何か、誰かの役に立つことを書いてみようと思います。

 

自分の中身をさらけ出すことは、勇気のいることでした。さらけだす勇気をくれたのはこの記事でした。さらけだしてみると、案外平気なものですね。

note.mu

米国に留学している日本人大学生が感じる、母国への絶望感について。

ニューヨークが好きだ。この町には、貧困もある、人種差別もある、汚くて不便な地下鉄もある。無料のものは何一つないし、ありのままの自然もないし、美味しい寿司には出会えない。それでも、ニューヨークが好きだ。

どうしてなのだろうか。私は東京出身だ。東京は、世界で指折りの面白い街だ。一つ一つの地域がこんなにも個性豊かな都市は他にはないと思う。四季折々で違った表情をみせる所も魅力的だ。日々変化していて、飽きがこない。こんなにも東京を愛してるのに、それと同じかもしくはそれ以上に、ニューヨークへの愛があふれる理由は、多様性と将来性にあると思う。この2つは東京にないものだと思う。

まず、多様性。地下鉄に乗るだけで、いろんな国の言葉が聞こえる。いろんな肌の色が見える。ホームレスも、働くビジネスマンも、歌って踊るパフォーマーもみんな一緒に電車に揺られる。老若男女が入り交じる。”みんな違ってみんないい。”この考えを、受け入れざるを得ない光景が広がる。それ故に、ニューヨークの人は優しい。東京以上に、みんな電車では席を譲るし、気を遣う。支え合う。多様性をベースに、個人主義の考えがあるからこそ、相手の個性も尊重される。自分の考えが尊重されるのと同じように。

日本は、島国だ。歴史的にも地理的にも、異なる文化への受容性は他国に比べると低い。私が小学生の頃、周囲と違うということはいじめの理由になった。自分でも、自分と異なる性質を持つ人を素直に尊べないことに、日本人らしさを確認してしまう。なんとも不名誉で残念な確認の仕方だけれども。とにかく、日本人は”自分と違う物事”に慣れてないのだと、自分からも他の日本人からも感じる。

次に、将来性。米国が未来への希望に満ちあふれた国なのかと言われると、それは定義によるだろう。しかし、経済学を仮にも大学で専攻した身としては、人口が減少の一途をたどり、市場が縮小していく事が決まっている日本に、希望を見いだすのは難しいと感じてしまう。少子化対策、女性の活用、東京オリンピック。どんな手を打っても焼け石に水、まるで死にかけの老人への延命処置のように見えるのだ。

外貨を稼げる自分にならねば、自分の市場価値をグローバルで測ったときに高い水準に持っていかなければ、そうやって焦っている。

米国にだって問題はある。だけど、ドルが相対的に高い価値であることと、先に述べた多様性がある限りアメリカに希望はあり続けるのではないかと思うのだ。それは単純な理由で、多様性があると一方がだめになっても、他方がカバーできるからだ。アメリカはそれぞれの州に特色があり、行政的にも独立している。ニューヨークの地下鉄に見る人間の多様性だけでなく、マクロな視点で見たときにも当てはまる。アメリカの多様性は希望だ。

ここまでニューヨーク(米国)が好きだ、日本はもうダメだと書いてきた。正直、日本に居た頃に危機感なんて1ミリも感じていなかった。豊かな国で生まれ育ったからだ。だけど私が生まれた頃の、豊かな日本はもう存在しないのだ。それでも、私は日本人だ。その事実は変わらない。その事実の元、自分がどうするべきかどうあるべきか考えていきたい。やっと、グローバルな社会の入り口に立てた気がする。

ニューヨークに来て、気づけば1ヶ月と3週間がたちました。

前回のブログから、こんなにも時間が経ったんですね。ニューヨークでインターンをしつつ、学校に週2日通っています。いろんな事がありました。英語が出来ずに悔しい想いをして、さくっと恋もして、けんかもして、仕事でも人間関係も失敗もして、悔しい想いも死ぬほど楽しい想いも沢山。だけど、記録として残さないとあっとう間に、過ぎ去ってしまうものなんですね!分かっていたけど、びっくりする程早いし、記憶に残っていない。もったいない。

 

もう11月ですね。月の目標を定めようと思います。何かしらの節目で目標をたてる人は、結局達成できないらしいよって、昨日友達に言われたばかりだけど、現状の自分を把握しておくためにも。自分をふるいたたせるためにも。

現状困っていること

インターンが絶望的につまらない。そして、英語力向上の目的以外に、一切なんのメリットももたらさない。英語力向上の視点で言っても、効率が悪すぎる。

②英語が聞けるようになってきたものの、スピーキングの能力があまり変わっていない。聞けるのに、理解に落ち込まない、文法力とボキャ貧に悩んでいる。

 

解決策としては

インターン先を変える。→現状5社に応募中、選考中。きちんと将来のキャリアに繋がるように、メディアなりニュースなりに関ることが出来るところに応募しています。

②英語にふれる機会を増やす。英語で表現する場を増やす。これ、前回のブログから一旦、ものすごく増やした(ネイティブの友達、イベントに参加もろもろ)んですけど、ここ2週間出来てないんですね。

出来ない理由は、結局日々のルーティンに話すこと、書くことが組み込まれていないからだと思います。話さなくてもなんとかなってしまう。無理してでも平日2回は、英語を勉強している人たちのコミュニティに飛び込んだ方がいい。あとは、必ずボランティアなりなんなり、日本人の居ない環境に飛び込みます。

現状を最大限生かす方向では、外国人のクラスメイトに沢山話しかけようと思います。

英語力はインプットとアウトプットの両輪だと思います。インプットが出来てない感があるので、数値的な目標をきっちり決めてやっていこうと思います。どれだけ次のインターン先が忙しくなるか次第だけど、最低でも30分〜1時間、暗記に割けたらいいかな。本来なら、日本でやるべきことだと思うので、睡眠時間を減らして効率的に対応したいです。

10月総括

とにかく楽しいことが沢山あったんですよ。アメリカ人の友人といろんな所に出かけてって、ニューヨークの楽しいところを沢山満喫しました。ハイライン、美術館、博物館、んもう最高に美味しい各国のレストラン、ハロウィンも本場の雰囲気を味わいました。一方で、いわゆる、文化の違いから発生するミスコミュニケーションで悩んだりも。中国人の移民の気の合う友達と、いろいろ話をしつつ、中国語をちょっと勉強したり、留学生っぽい楽しみもあったなあ。

一方で、ニューヨークという土地柄なのか、日本人と離れることが出来ない自分もものすごく感じてます。メリットも沢山あるんです。こちらで出会う日本人の友人は、とにかくみんな個性的で、人間的に尊敬しかないような人たちで。ものすごく刺激をもらいます。だけど、ちょっともったいない。

日本人であることにプライドを持ちつつ、もっともっといろんな人とフラットにコミュニケーションをとっていきたいです。つまり、言語の壁をもっともっと崩していきたいです。日本で出来ない体験を、もっと追求したいなと思います。

11月、くたくたになるほど生産性を上げていきたいです。

ニューヨークに留学して1週間がたちました。退屈です!!!

ニューヨークに来て、1週間がたちました。学校に通い始めたのですが、学校が今のところ週4日の午前中しかないため、暇してます。

本来ならばインターンの面接をするべきなんですが、まだ日程がアレンジされてこないのです。コーディネーターをプッシュしつつ、カバーレターなどなど書いて、面接に備えようと思っているところです。

一週間経ったので、今のところの自分の課題点、不満点、問題点などなどを書いておこうと思います。来週レビューするぞ〜〜 エキサイティングな最初の3日を超えて、光速でニューヨークの生活に慣れてしまってboringになってしまった。悔しい。楽しくするぞ!

 

①英語力がなさ過ぎる

これは元々分かっていたことなのですが、私の英語力はインターンをするには不十分みたいです。リスニング、スピーキング、ライティング、すべてが足りない。

ネイティブが言っていることを聞き取るのに一苦労。授業も基本的に6割くらいしか聞き取れていません。会話は単語を拾って推測しながら話をするものの、新しいトピッを提案したり気の利いたジョークが言えず、友達を作るのに苦労しています。インターンのポストの多くは、ライティング業務が含まれています。excellentなライティングスキルが求められていますが、正直メモすらちゃんと書けていません。

スピーキングは、もっと自分が話す機会を作るしかなさそうです。図書館で行っているESLのサークルに行ったり、ランゲージエクスチェンジ、ミートアップに参加して、とにかく英語を話す機会を作ろうと思います。日本語をシャットダウンするやり方もありますが、私は日本人とは日本人だけのときは日本語で良いと思うし、日本人との出会いも大切にしたいので、生活から日本や日本語を排除することはしません。だけど、それが言い訳にならないように、機会を作って英語を話す機会を増やします。

ライティングに関しては、スピーキングと同様に機会の問題な気がします。基本的な文法が出来ていない部分もあるので、こつこつと文法の勉強も平行して行います。このブログも英語で書くべきだと思うのですが、全部やるべきことをやるとキャパオーバーしそうなので、もっとデイリーでカジュアルな文章は英語でタンブラーにでもポストしようと思います。

リスニングも、文法同様に日々の英語の勉強を頑張ることでなんとかしたい所存。あと、暇があればフレンズ見よう。

 

②お友達ができなさすぎる

友達を作る場所は、学校とそれ以外の場所がある。学校でお友達と話す機会がなさすぎるのは、単純に授業後にすぐに帰ってしまうから。がんばって、教室に残る。友達が出来ない理由は、「この人は私に興味がなさそうだ」と思い込んでしまうからだと思う。そんなことは考えずに、「私はあなたに興味があるんだ」というスタンスで話しかけたい。コミュニケーションにおける、遠慮はしないようにする。みんな自分のことを聞いてもらえたら、嬉しいはず。私は嬉しいもの。

学校以外で、友達を作れる機会を作る。ミートアップ、図書館の会話クラブ、ボランティア、インターン、アプリ、いろいろ機会はある。今週は、ミートアップ、図書館の会話クラブに参加する。再来週以降、また新しいことに挑戦しよう。

 

③最後に、頑張ることリスト整理 for myself.

①英語を話す機会を作る:外国人のクラスメイトとランチに行く、meetupのイベントに参加、図書館でやってるフリーのカンバセーションクラブにいく。授業中に自ら発言

②ライティングの機会を作る:カジュアルなテキストをタンブラーに上げる。

③リスニングの機会を作る:フレンズを見る、英語の音楽を聞く

④お友達を作る機会を作る:meetupに参加。クラスでは「私はあなたのことを知りたい」というスタンスを崩さない。新しいクラスメイトに話しかける。

 

以上!長々と、自分のためだけに書いてしまいました。こんな感じで、内心はニューヨークでstruggleしています。留学仲間の皆さん、がんばりましょう。退屈は敵だ!!!